FC2ブログ

旅行会社 LTK福岡

けやき通りにある旅行会社 LTK福岡です。 お客様やスタッフの旅行体験談ご紹介させて頂きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最終日はあいにくのドシャ降りの大雨でした

朝ごはんをゆっくりと頂いて、タクシーで頂好超市(ウェルカムスーパー)まで行って最後のお買い物です。
台湾はタクシー代がとても安いので、気軽に使えて助かりますね

26.jpg



ホテルから空港行きのバス乗り場まで全て地下で繋がっているので、大雨でも無問題☆
チェックアウト後は、空港行きのバス停に向かいつつ、台北地下街でお買い物です。

雨が降っているので、行きと同じく國光客運で早めに空港に向かいました。
なおこのバスですが、行きの到着地と帰りの出発地はバス停が異なるので、注意されてください!
帰りは地下街にあるBUS TERMINALというサインに従って北に歩いていくとバスターミナルに到着します。


ゴールデンウィークの終わりということもあってか、桃園空港の混み具合はとてつもなかったです!
早めに空港に行ったのですが、結果あまり空港で遊べる時間はあまりませんでした。
皆様!混み合うことが予想される日でご利用される場合は、3~4時間前の空港到着をお勧めいたします。

もう全然時間に余裕がなくなったねーとブゥブゥ文句を言いながら、最後に空港で台湾料理をペロリと頂きました

27.jpg



*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*

美味しいご飯に親切な人々、台湾は行くたびにどんどん好きになっていく街です。
隙あれば美味しいっを連発していた、あっという間の3日間でした。

今回は食事ばかりになってしまいましたが、もちろん故宮やお寺など見どころはたくさん!!
ぜひみなさんも台湾に行かれてみてはいかがですか?


スポンサーサイト
2015.05.19 10:12 | スタッフ旅行記 | トラックバック(0) | コメント(-) |
2日目です。
コスモスホテルは朝食も充実しているんです!
ヌードルに豆乳など、台湾料理もしっかりあるので、朝から食べ過ぎちゃいますよね

この日は中山地区をゆっくり散歩しました。
台北の朝は遅いのか、個人経営のお店は午前10時頃はまだどこも空いていませんでした

15_201505161439488cf.jpg

ゆらゆらと中山駅から北にずっと歩いていくと・・・・あれ?このあたりは!

16_2015051614394961e.jpg

冰讃
有名なマンゴーかき氷のお店です
台湾のかき氷といえば雪花氷ですよね。(ミルク氷で作るかき氷みたいなものです)
こちらで美味しい&安いマンゴー雪花氷が食べられます。
なお冬場は営業していないのでご注意ください!

17.jpg

1人1杯は余裕です!
私は1.5杯平らげましたが、まだいける気がしました!



小腹は埋まったので、そろそろ大腹を埋めるべく、一路中山駅まで戻ってきました。
中山駅周辺はホテルやデパートがある為、いつも観光客で賑わっています。
三越本館の地下には有名な鼎泰豐も入ったので、本店に行かなくても、近場で美味しい小龍包が楽しめます!

18.jpg

やはり大人気の鼎泰豐
お昼時ですが30分ほどの待ち時間で入れました。

19.jpg

ややややっぱこれですよね!
日本にも鼎泰豐はありますが、台湾の小龍包を食べると、台湾に来たーと実感します
小龍包以外の炒飯や添え物なども美味しいですよ~


お腹を満たした後は、パイナップルケーキめぐりです
昨日行った桂徳も美味しいのですが、中山地区には美味しいパイナップルケーキを置いているお店がたくさんあるんです!
中でもお勧めはホテルオークラに入っているthe Nineと、そのオークラの道路挟んで斜め前にあるMitaというお店です。
両方ともパンやケーキを販売しているベーカリーなのですが、パイナップルケーキ以外も美味しいですよ♪

28.jpg 29.jpg

この近くに李製餅家という昔ながらのお店もあります。(こちらもお菓子屋さん
上の2店は現代風なオシャレなお店ですが、こちらはザ☆台湾といった感じのお店です。
現地色が強いお土産が良い方は、こちらもお勧めです。



続いて向かったのは、迪化街。
ここには日本では売っていないようなドライフルーツやナッツ、からすみなどが売られています。
卸やさんのようなお店がずらーーーっと並んでいるので、どこのお店で買ったら良いのか分からなくなってしまいますが、
お店の人たちはどんどん試食させてくれるので、フィーリングが合った所で購入して良いですよ♪

日本にあるドライマンゴーはほとんどがフィリピン産のマンゴーなのです。
これはこれで美味しいのですが、台湾といえば愛文マンゴー!
日本にはなかなか卸されていない愛文マンゴーのドライフルーツが購入できます。
台湾のスーパーなどでも売ってはいるのですが、こちらで買った方が美味しかったです。

20.jpg

こちらは大通りに面している海中行というお店です。
フルーツソースを取り扱っているお店なのですが、ここのパッションフルーツソースが激ウマです!!!
パンにつけるもよし!ヨーグルトにつけるもよしっ!!
お水に薄めるだけで、お店に売っているようなパッションフルーツジュースがお家で楽しめますよ♪



夜も更けてきたので、台北の王道・士林夜市で最後の夜を過ごします。

23_2015051909411720b.jpg

台湾は本当にフルーツ天国です。
美味しい果物がたくさんありました
なかでも今回一番美味しかったのは釈迦という果物です。
(お釈迦様の頭に似ているというのが由来だそうです。海外では類似種がシュガーアップルとも呼ばれています)
時期的に終わりごろだったので、熟していてとっても甘かったです。

24_201505190941180fc.jpg 27_201505190953396f4.jpg


士林市場は1階がお土産屋さんが中心で、食べ物やさんは地下にあります。
建物の中に入らなくても、周辺にも有名なフライドチキンのお店など出ていますが、今回は地下で夕食を頂きました。
ひときわ活気のある鉄板料理のお店です。
ステーキや海鮮など、どれもとても美味しかったですよ

25_2015051909412052f.jpg



2015.05.16 15:31 | スタッフ旅行記 | トラックバック(0) | コメント(-) |
台北駅に無事着いたので、ホテルにチェックイン☆
今回急遽決まったので、ホテルがなかなか空いておらず・・・ぎりぎりでコスモスホテルが取れました!
(すみません!ホテルの写真は撮り忘れました

近年全館リニューアルを行ったそうで、とても綺麗にリノベーションされていました!
何よりスタッフの方が皆さん笑顔で、ホスピタリティが素晴らしかったです。
地下街への入り口がすぐ側なので、雨が降っても濡れることなくホテルに辿りつけます。
行動派の方にお勧めなホテルです


1分1秒とも無駄にしたくない私たちは、荷物だけお部屋において、そそくさと台北駅に向かいました。
本日の最終目的地は灯篭飛ばしで有名な十分という街です☆
千と千尋の神隠しで有名な九分と名前が似てますよね。
天気があいにくの曇りなので行こうかどうか少し迷っていたのですが、時間が勿体無い!ということでとにかく電車にのりました!
(雨が降ってしまうと、灯篭飛ばしができなくなってしまいますので、行かれる際は天気にご注意ください☆)

ルートは途中までは九分と一緒です。
まず台北駅から瑞芳駅というところまで電車で行きます

03_20150515173903d1c.jpg

急行のような電車もあるのですが、本数が少ないです。
あいにく各駅停車しかなかったので、そちらに乗ること約30~40分、瑞芳駅に到着しました!

04_20150515173904c4a.jpg


九分行きのバスは瑞芳駅から発着しているので、駅はたくさんの人で混み合っていました。
時間があれば、ここ瑞芳駅を拠点に十分と九分を一度に周ることも可能です。

ここから台湾3大ローカル線の平渓線という電車に乗って十分へ。
途中台湾のナイアガラという滝の名所もあるのですが、今回は時間がないのでスキップしました。




05_20150515173906a17.jpg

十分駅到着!中国や韓国の観光客の方々がすごく多かったです

ここの街のもう1つの有名なポイントが、お店とお店の間を走る電車です。

06_20150515173907f87.jpg

お土産屋さんが線路のぎりぎりに建てられていて、線路の上で灯篭を飛ばします。
電車が来る直前に大きなアラームが鳴るので、その瞬間だけ線路から人がいなくなります。
で、電車が通ると、また観光客がこぞって線路の上に行き灯篭を飛ばしすという、なかなかシュールな光景です。

灯篭がいくつか種類があり、好きな色を選んで、筆でお願い事を書いてお空に飛ばします。
空はどんより曇りだけど、願いがかないますよーに☆

07_201505151739083a6.jpg



線路沿いには灯篭屋さんや、美味しそうな屋台が並んでいます
その列の端にお宿と喫茶店をしている樓仔厝というお店で一休憩。
お店からは十分ののんびりとした自然が見渡せます。長閑ですね~

08_20150515173843a84.jpg

台湾の初ご飯はお店の人お勧めのお鍋にしました
少し辛かったけど、出汁がきいてて、体の疲れが癒されました。

09_201505151738440d7.jpg



十分にさよならをつげて、台北市内に戻ります。
帰りの瑞芳駅発の電車は急行に乗れました~
新幹線のような作りで、指定席も取れたので楽々でした♪
そして帰りは台北駅の1つ前にある松山駅にて下車!
その理由は・・・・

10.jpg

台湾といえば夜市
この饒河街夜市は松山駅のすぐ側にある夜市です。
士林とは少し違った形で、通り沿いにお店が並んでいるので、街歩きがてら・・・という感覚で楽しめます。

ここの夜市で一番人気なのが胡椒餅!
これを食べるためにこの夜市に来たといっても過言ではない!

11_20150515173847565.jpg 12_20150515173848b64.jpg

中にはネギやら牛肉やらが入っており、ピリっと胡椒味がきいています。
甘いタピオカミルクティーとの組み合わせが最強で、エンドレスに食べ続けられます

13_201505161430492ad.jpg

こちらはお菓子のお店でした。
お兄さんがすごい早い手つきで白い何かしらの粉を捏ねて何やらアツアツなお菓子を作ってくれます。
味はかるかんみたいで、素朴な甘さが美味しかったです。

饒河街夜市は屋台の他にレストランなども並んでいるので、夕食がてら見に来られるもお勧めです。


さて、夜市が終わってそのままトコトコ歩き続けること、約20分。
目的のお店に到着いたしました。

14_20150516143947f4f.jpg

桂徳糕餅
私のだーい好きなパイナップルケーキが売っているパン屋さんです。
台湾のお土産といえばパイナップルケーキ!
いまたくさんの種類がある中で、ここはザ・王道の味を貫いています。
また賞味期限も他のお店に比べて長めなので、お土産にもお勧めですよ☆
夜9時半まで営業しているので、夕飯帰りにも寄って帰れます!


たくさんのパイナップルケーキを抱えて幸せ絶頂のまま、この日はホテルへ帰りました

2015.05.16 14:47 | スタッフ旅行記 | トラックバック(0) | コメント(-) |
こんにちは。
食べ物紀行担当の川崎です
みなさま、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしになりましたか?
今年はお休みの並びがあまり良くなかった為、国内や近場のアジアが人気でした。

そんな私もその流れにのり、近・安・短の台北に行ってまいりました~
チャイナエアラインを利用しました
日本発着便は日本で機内食が作られているので、どのメニューも安定した美味しさです!

01_20150515173927d4e.jpg


台北は福岡から僅か2時間少し!
映画も1本見終わらないうちに、あっという間に台北桃園空港到着です。

台北は比較的WIFIが普及しており、登録を行えば地下鉄の駅などでは無料で利用できます。
もちろん日本での事前手続きも可能ですよ~
TAIPEI FREE

ただ今回は街中でもインターネットが利用したかったので、SIMカードを購入いたしました

空港の到着ロビーのTELEPHONEというサインに従ってテクテク歩いていくと、電話会社のカウンターがあります。
何社か並んでいるのですが、基本プランはほとんど同じなので、人が少ない列でも良いかも・・??
私が申し込んだのは、3日間使いたい放題で300TWDのプランです。(日本円で約1,200円くらい?)

手続きは万国共通ですごーく簡単!
スタッフの方に携帯をはい!と渡すと笑顔で手続きしてくれます
(あらかじめ携帯の表示設定を英語にしておくとスタッフさんが助かります☆)
通話も少し使えるので、SIMフリーの携帯をお持ちで、街中をウロウロされる予定の方にはお勧めですよ

TPESIM



SIMの準備もできたので、リムジンバスで台北駅に向かいます!

桃園空港⇔台北市内間はいくつか路線がありますが、一番大きいのは台北駅行きの國光客運です。
途中、ホテルがたくさんある中山地区のホテルアンバサダー前にも停まるので、中山地区に宿泊される方にもご利用頂けます。
こちらのチケットの買い方も至極簡単!
同じく桃園空港到着ロビーのBUSというサインに従って歩いていきます。
(第2ターミナルでは携帯会社のカウンターとバスのカウンターが正反対に位置していました)

利用するバス会社のカウンターに行って、目的地と人数を伝えるのみです。
あとは指定された番号のバス停に行って、バスが来るのを待ちます。

02_201505151739291d5.jpg


台北市内まで1時間ちょっと。
バスに揺られながらウトウトしていると、あっという間に台北駅に到着です!

IMG_4382.jpg


旅行記②につづく。。。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。