FC2ブログ

旅行会社 LTK福岡

けやき通りにある旅行会社 LTK福岡です。 お客様やスタッフの旅行体験談ご紹介させて頂きます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【ハンドル名】:GONTAくん
【旅行先】:キューバ
【旅行期間】:2015年12月25日~2016年1月3日
【当社での手配】:航空券

昨年4月、アメリカとの国交正常化に向けたニュースを聞き、「古き良きキューバがみられる最後のチャンスかも?」と、6月に年末年始の航空券をLTKさんにお願いしました。お蔭様で、大変お得なお値段で旅行することができました。
エアカナダの機内では、ツーリストカードが配布されていました。我々は日本で入手済みでしたが、念のため他の方々も、日本で入手された方がよいと思います。
入国審査は、ごく簡単に終わりました。海外旅行保険が必須と聞いていましたが、そのチェックはありませんでした。
両替所は、到着ロビーから外に出た左右2か所にあるのですが、大変な行列で我々も1時間以上待つはめになりました。帰国時に気付いたのですが、2階の出発ロビーにはクレジットカードのキャッシングマシンがありました。手数料はかかりますが、急ぎの場合はそちらの方が便利かもしれません。
両替の後、早速タクシーで長距離バスのターミナル(ビアズール社)に向かいました。翌日のトリニーダ行きがあるか聞いたのですが、満席とのこと。諦めてホテルに向かいました。空港から旧市街までのタクシー代は30CUC(約3500円)でした。
一泊目は、サンフランシスコ広場前のサンフェリペ(ネットで予約)でした。ここは大変立地が良く、旧市街の見どころの多くを徒歩で回ることができました。クラシックカーのタクシー業者も待機しており、予約なしでもその場で手配してもらえます。私たちの場合、1時間50CUCで、こちらの希望するところに行ってもらえました。

サンフェリペホテルのラウンジ

サンフェリペホテルのラウンジ

サンフェリペホテルの朝食

サンフェリペホテルの朝食

フランシスコ広場の夜景

サンフランシスコ広場の夜景

長距離バスの予約が取れなかったので、ホテルでトリニーダ行きのタクシーの交渉をしました。相場より少々高めの180CUCでしたが、自分たち専用のためわがままを言ってシエンフェゴスにも寄ってもらいました。寄り道込みで、トリニーダまで5時間弱でした。

シエンフェゴスのパラシオ・デ・バジェ

シエンフェゴスのパラシオ・デ・バジェ

トリニーダの宿は予約していかなかったので、マヨール広場で某ガイドブックを見ていたところ、親切なおばちゃんが寄ってきて、パルティクラ(民宿)探しを手伝ってくれました。4件目でようやく空きがあり、宿を確保できました。一泊25CUC/室、朝食5CUC/人でした。

パルティクラの朝食

パルティクラの朝食

パルティクラの寝室

パルティクラの寝室

旧市街は植民地時代からの街並みが残っており、とてもよい雰囲気でした。町全体はコンパクトで、一通りの観光スポットに行きましたが、市内が一望できる革命博物館と歴史博物館はその展示内容も含めてよいところでした。意外だったのは、高台にあるラス・クエバホテルの鍾乳洞です。レセプションで申し込む(3CUC)と、ガイドが案内してくれます。一時はホテルのディスコとしても使用されていたそうですが、内部は予想以上に広く、幻想的でした。


ラス・クエバスホテルの鍾乳洞

ラス・クエバスホテルの鍾乳洞

トリニーダのカフェ屋上

トリニーダのカフェ屋上

市内の南にある駅から出る観光列車にも乗りました。かつてはサトウキビの運搬用だったというこの列車では、沿線の農村地帯や山並みを見ながらのんびりとその雰囲気を楽しむことができました。また、途中のマナカイスナガでは見晴らし台にも昇りました。

観光列車のタイムテーブル

観光列車のタイムテーブル

マナカイスナガ駅前にて

マナカイスナガ駅前にて

ハバナに帰る際は長距離バスを利用しました。エアコンの効きは「いまいち」でしたが、25CUCと大変安く移動できました。
ハバナでは、インターネットで予約したナシオナル・デ・キューバに3泊しました。1930年開業で、大変に雰囲気のあるクラシックホテルでした。ホテルにはツアーデスクがあり、

ホテルのロビー

ホテルのロビー


ホテルの夜景

ホテルの夜景
ホテルにて、キャバレー・トロピカーナ、ビニャーレス渓谷ツアー、市内観光ツアーの申し込みをしました。
トロピカーナではダンスショーを見られるのですが、豪華絢爛で演出も素晴らしく、2時間があっという間でした。

トロピカーナのパフォーマンス

トロピカーナのパフォーマンス

ビニャーレス渓谷ツアーは、渓谷および洞窟ボートクルーズのほか、たばこの農園とラム酒工場の見学がセットになっていました。ボートクルーズはほんの短時間ではありますが、ちょっとしたインディージョーンズのような気分に浸れます。

ビニャーレス渓谷の洞窟クルーズ

ビニャーレス渓谷の洞窟クルーズ

市内バスツアーでは、革命広場や旧市街など、主だったところを解説付き(スペイン語、英語)で回ってくれます。革命広場などでは撮影タイムもありました。


ラ・ボデギータ・デル・メディオ前にて

ラ・ボデギータ・デル・メディオ前にて

おかげさまで、キューバの旅を満喫できました。また次回もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。